妊婦歯科検診

ときわ台真帆歯科は妊婦さんを応援しています

妊娠中は不安なことがいっぱい。ときわ台真帆歯科のスタッフは院長を含め、全員が出産経験者です。ご予約の上、お気軽に検診にいらしてください。

妊娠中はお口の環境が悪化しやすいと言われています

予防診療をしっかり受けましょう

妊娠中も定期検診を受けることで、自覚症状のないむし歯や歯周病も早期に発見できます。プロフェッショナルケア(歯石除去など)でお口の環境を、清潔に保ちましょう。

妊婦歯科検診の受け方

妊娠が確定しただ時点で当院にお申し込みください

妊娠中の歯科治療が不安な方はこちらをご覧ください。

薬の影響

適切な使用時期・使用量・使用期間を十分に考慮し、妊娠中や授乳中でも安心して使用できる抗生物質、炎症を抑える鎮痛剤を用います。

レントゲンの影響

歯科治療中のレントゲンの撮影の被曝線量は、目的とする歯に対する線量に比べると、腹部への線量は1/100程度と影響が少なく、防護エプロンをかけますので、卵巣まで放射線が散乱することはゼロに等しい量になります。

局部麻酔注射の影響

歯科領域で使用される局部麻酔薬の通常量では、母体・胎児ともに影響は出ません。

予防と検診

  1. 妊婦歯科検診

    妊娠中は不安なことがいっぱい。ときわ台真帆歯科のスタッフは院長を含め、全員が出産経験者です。ご予約の上、お気軽に検診にいらし…

  2. 一般歯科検診

    患者さんの年齢と生活習慣に応じた検診を行います。歯周病リスクと虫歯リスクなど、それぞれにカスタマイズした検診を行なっています…

予防と検診歯科検診のススメ

トウキョウデンティスト