診療内容の詳細

妊婦歯科治療

妊娠中の治療について、知っておこう

妊娠中の歯科治療では、おなかがおおきくなるため、治療中のあおむけの姿勢が苦しいという方もいらっしゃいます。その場合は、医師が立って治療をするなどの対応をすることで、妊婦さんが苦しくない体制で治療します。つわりなどで苦しい場合は、少しづつ休憩をしながら治療を行います。

当院は院長を始めとして、出産経験のあるスタッフばかりなのでご安心ください。

妊娠中の歯科治療について

妊娠初期妊娠〜4ヶ月切迫流産が起こりやすい時期。いろいろな悪影響を受けやすく、治療を控えたほうが安心です。
安定期5ヶ月〜7ヶ月心配なく治療を行える時期
妊娠後期8ヶ月以降臨月に入ってからは、急なお産で中断する可能性もあるため、治療は控えたほうが安心です。

妊娠中に起こりやすいお口の症状について

    • 妊娠性歯肉炎

妊娠中は女性ホルモンの分泌が通常の約7倍になるため、このホルモンが好む歯周病菌が増えることによって、歯肉炎にかかりやすくなります。

特に妊娠2-3ヶ月から症状が見られ、妊娠中期に歯肉が腫れたり出血ることがあります。

    • 妊娠性エプーリス

歯ぐきにできる良性のできもので、歯肉が大きく膨らんでコブのようになります。主に妊娠3ヶ月以降に見られることがあります。

    • むし歯

生理的変化・生活習慣の変化に伴い、口腔環境が悪化するため、むし歯になりやすい状態になると言われています。

妊娠中の豆知識

  • タンパク質 歯の土台を作ります。歯にカルシウムを貯めるのに、大切な役割をします。妊娠4-10週頃の初期が特に大切。
  • ビタミンA 歯のエナメル質の土台を作ります。またお口の中の粘膜も強くします。妊娠12-24週頃が特に大切。
  • ビタミンC 歯の象牙質の土台を作ります。妊娠12-24週頃が特に大切。
  • カルシウム 歯胚を固くします。(石灰化)。妊娠中は平常の1.5倍の量を摂りましょう。妊娠4-6ヶ月ごろに特に大切。
  • ビタミンD カルシウムの吸収を助け、石灰化(歯を固くする)を調整します。

診療科目treatment

トウキョウデンティスト